Powered by Six Apart

アクセスランキング

« 2017年5月 | メイン | 2017年11月 »

2017年8月

2017年8月27日 (日)

おはようございます。2日目。

昨日は「第93回天皇杯・第84回皇后杯全日本バスケットボール選手権大会 兼 平成29年度福岡県バスケットボール選手権大会」大会会場で試合を観戦して来ました。

「なんとかラウンド」などと表記してしまい、大変失礼しました。

さすがにあのレベルの大会ともなりますと、すべてのチームのレベルが高く、クオリティという面では昨年以前よりかなり上がっていますね。

しかし、日程の組み方とかはどうなんでしょうかね…1日目は2試合で、2日目は男女の決勝のみとか。

自分だけなのかもしれませんが、決勝の1試合だけを観戦に行くのって、男女各2チームの関係者か近所の人だけって気がしますけど…なんか身内とかごくせまい範囲での内輪の盛り上がり感しかでないような…。

自分なんか九州電力アーティサンズも福岡第一も1日目に2試合観戦して、しかもクラブチームの2チームも負けちゃったんで、1日目の興味を100とすると、正直、20とか30とか。しかも、自宅からは結構、遠い。

それに、外国人留学生のオンザコートルールも協会HPで公開されてないみたいだし、情報のない観客からすると、昨日は訳がわかりませんでした。

※おそらく、オンザコートは1試合で6?ピリオドごとに1か2を申請?って感じに見えましたが、わからなかったです。

…というわけで、今日は観戦には行かない可能性高いので、ご容赦ください。

ところで、昨日のJEIDZとUNDERDOG FKですが、それぞれクラブの意地は大なり小なり見せていただきました。お疲れ様でした。

特に、UNDERDOG FKはベスト4に勝ち上がり、さすがに九州電力には及びませんでしたが、存在感は示せて良かったと思います。

JEIDZはクラブチームには通用するプレーが外国人留学生を擁する福岡第一には通用せず、少し事前のゲームの組み立ての部分で見誤った部分があったかな…と思います。

とにかく、両チームは九州の代表として全国大会も控えていますので、ぜひ、ガンバってもらいたいものです!

それではまた!


2017年8月26日 (土)

なんとかラウンド14

九電はUNDERDOG FKに30点差くらいで勝ち。
福岡第一は九州共立大に10点ちょっとの差で勝ち。

明日の男子決勝は

九電 vs 福岡第一

なんとかラウンド13

福岡第一 vs JEIDZ

第4Q(試合)終了

79-64

福岡第一の勝ち


共立 vs イカイは共立が20点差くらいで勝ち

なんとかラウンド12

福岡第一 vs JEIDZ

第3Q終了

58-32

福岡第一のリード


共立 vs イカイは第3Q中盤で共立が13点差でリード。

なんとかラウンド11

福岡第一 vs JEIDZ

第2Q(前半)終了

29-23

福岡第一のリード

JEIDZの選手は体は動いているが、全般的にシュートが不調。
この内容では、後半もなかなか厳しいか。
ゴールに迫るナンバープレーは多種多様だが、外にフリーを作るナンバープレーや動きが欲しい。


共立 vs イカイは第2Q終了時点で共立が3点差でリード。

なんとかラウンド10

福岡第一 vs JEIDZ

第1Q終了

12-8

福岡第一のリード

JEIDZはナンバープレーでゴール近くまで迫るが、外国人留学生の高さでシュートの精度が低く、やや攻めがちぐはぐ。

前にスペースがあっても詰めすぎず、楽にシュートを打って行きたいところだが…


共立 vs イカイは第2Q中盤でイカイが5点差でリード。

なんとかラウンド09

九電 vs 九州産業大

第4Q(試合)終了

76-63

九電の勝ち

なんとかラウンド08

大濠 vs UNDERDOG FK

第4Q(試合)終了

69-75

UNDERDOG FKの勝ち

なんとかラウンド07

九電 vs 九州産業大

第3Q終了

61-46

九電のリード

なんとかラウンド06

大濠 vs UNDERDOG FK

第4Q残り8分40秒

49-65

UNDERDOG FKのリード