Powered by Six Apart

アクセスランキング

« 第44回全国クラブバスケin 佐賀 2日目16 | メイン | 第44回全国クラブバスケin 佐賀最終日 »

2018年3月11日 (日)

第44回全国クラブバスケin佐賀 2日目感想

この全国大会を観戦して、正直、思うところはたくさんあります。

でも、大会の終わらない今の時点でいろいろ書くべきでもないので、書きません。

今日のところはひとつだけ。

HAWKSもUNDERDOG FKも、福岡県代表、九州代表の名に恥じず、本当によくがんばってくれたと思います。

UNDERDOG FKは、間違いなく勝機もありました。

速報でも書いていますが、特に中盤までエース#15の調子が今ひとつ上がらないところを#7、#8といったところが素晴らしい活躍でカバーしました。

たったひとつ、私が残念に思ったプレー。
勝負どころでリードした局面でマイボール、速攻崩れでゲームをコントロールせず、流れで攻めてしまったところ。

(目まぐるしい試合展開だったので、多少の記憶違いもあるかもですが…)

あそこは結構、重要な場面でした。

延長になれば、不利は明白な流れだったと思います。

財産にしてほしいですね。ああいう経験は。


HAWKS は第1Q、最高の入り方が出来ただけに、第2Qはもったいなかったですね。スーッと入ってしまったように見えました。

「このまま行けば…」ってのは、あのレベルでは通用しないかな…と思います。

あそこは、10点勝ってるではなく、10点負けてる…という挑戦者の感覚と、多少の変化が必要だったように思います…勝ってる立場では非常に難しいことですが。

しかし、両チームとも、素晴らしかった。

本当にお疲れ様でした!