Powered by Six Apart

アクセスランキング

« 第44回全国クラブバスケin 佐賀最終日13 | メイン | ぜんぜんわからん… »

2018年3月12日 (月)

第44回全国クラブバスケin 佐賀 最終日感想

大会の総括的な感想というより、今日1日の感想を残しておきます。


自分は博多っ子(出生地が博多区住吉)なので、やっぱラーメンに生卵はいらないかな…。


…という、空気の読めない感想は置いといて、バスケのこと。

2日目まで、福岡県勢の試合会場にいたもんで、SWOOPSやPROLINE といった強豪チームの観戦機会には結構、恵まれたものの、逆の会場の強豪チーム、石川ブルースパークスや弥生クラブ、Black Jackといったところは観戦できていませんでした。

そのうち、石川ブルースパークスとBlack Jackの2チームの観戦チャンスが今日、最終日に訪れました。

しかし、石川ブルースパークスとBlack Jackとは同時並行の準決勝。別試合。

両チームとも見たことのないチーム。さて、どちらをメイン観戦したものか…。


選んだのは、Black Jack。


誰も傷つけるつもりはないのですが、理由は2つ。

石川ブルースパークスの方が、勝ち上がりの可能性が高いと思ったことと、どうしても見ておきたい選手がBlack Jackにいたことですね。

結果として、石川ブルースパークスをじっくりと観戦できなかったのは残念でしたが、Black Jackを選んだことに後悔はまったくないですね…その試合には会場でしかわからないものがちゃんとありましたので。

そこで、もう帰ろうかな…明日は離島に出張だし、果たして平日を含む3日連続の県外での試合観戦という暴挙を家でもどう思われてることか…となったわけです(笑)

観戦に恵まれた両チームの決勝でもありましたし。

結果はある程度、予想はできましたからね。

もう少し書きたいこともありますが、それはまた総括的感想の機会に。

(そんなこと言ってると2カ月くらいすぐ過ぎるので、気をつけます(-_-;))