Powered by Six Apart

アクセスランキング

« 私の「バスケ好き」とは? 20 | メイン

2018年6月 5日 (火)

どうしてなんだろ…。

この間、福岡県社会人バスケットボールリーグを観戦に行って、1つ、考えたことについて、少し書きます。

正直、今回のリーグ戦に出場しているようなチームは、すでに福岡県下ではそこそこ強いチームであったり、頂点を目指すようなチームなわけですが、実は、強ければ強いほどメリットが少なく、逆に、まだまだ力が足りないというチームなんかには、とっても良い仕組みにはなりましたよね。

なぜなら、これまでのトーナメントでは1試合で負けちゃうと、それで終わり。

コスパ激悪。

しかし、リーグ戦だと福岡のベスト4に入るような、福岡のベスト4ということは、ここ数年、全国レベルにあるチームということになるわけですが、そんなチームの何チームかと真剣勝負の場で対戦出来ちゃうわけですよ。

これ、すごいお得。コスパ激上がり。

今まで、そんなチームと対戦するところまで勝ち残れなかったチームも、全国レベルのチームとほぼ漏れなく試合が出来ちゃう!

そういう視点で観ると、これから…というチームは大チャンス。

でも、強ければ強いチームであるほど、得するコトは極めて少ない。

何年も続く仕組みとは、ちょっと思えないですね。


あと、大会の参加募集とかも、正直、秘密裡に行われているようにさえ見える現状も、なんとか考え直した方がいいと思いますね。

特に、O-40とかO-50 とか、なんか協会の身内限定の大会みたくなってるような…。

本当に、そういう身内の盛り上がりみたいなのはまったく要らなくて、参加チームを広く募る。

来たれ!我らこそはというチームは!
決めようじゃないか!福岡県の最強チームを!

そうしないと、いつまでもマイナースポーツって気がしますけどね。

考えすぎかなぁ…。